雨季のアメシスト

2週間とちょっと、メキシコ&アメリカでの石探しを終えて
おととい夜中に帰ってきました。

 

R0010019

R0010025

 

日本を離れている最中、友人やお客様からのメールで桂川の氾濫のことを知り
あまりに違ってしまったその景色にとても驚いたのですが

その時いたアメリカのコロラドも
滞在中ほぼ毎日ゲリラ豪雨に襲われるという、嵐の真っ只中。

山側では家ごと流されてしまったところもあり、
街の中でもあちこち通行止め、宿近くの川も常に大荒れの状態。。

帰国してからの、この穏やかな空が尊いものに思えます。

 

R0010345

まだ爪痕は残っているけれど、青い空にいつもの綺麗な桂川の景色を想像してみる

 

今回、日本出発直後にPCが故障してしまったので
買付けの詳細を全くお知らせできなかったのですが
アメシストを探しに、メキシコのベラクルスへ行ってきました。

 

現在メキシコは雨季。

街ではザーザーと雨が降っている時、
その雨を作りだしている山の中の小さな村は、ほぼ毎日こんな状態。

 

R0010214真っ白な夜

 

青空がチラリと見える日でも。。

 

R0010168

 

常に霧につつまれて、まるで雲の中にいるような。

山で発生する細かな霧はしっとりと気持ちよくて、
滞在中、幻想的なこの村の雰囲気がとても好きになった。

 

そして、さらに山へ上がりアメシスト探し。

 

R0010062

 

山を上がりきったあとは、尾根に沿って作られた道を奥へ奥へと進む。

 

R0010046

 

辿り着いた村は、あまりに真っ白でその規模もわからなかったけど

その村のあるおじいちゃんの家で
キラキラ輝く採れたてのアメシストを見せてもらった。

 

R0010086

R0010087

 

丁寧に採られたことが良くわかる結晶達。

 

R0010157

R0010109

R0010189

 

霧に包まれた村で見るアメシストは、
さらにしっとり艶やかで動き出しそうに生き生きしている。

美しいだけでなくユニークな個性的なものも沢山あって
まるで「人」を見ているみたい。

 

R0010074

 

雨季の美しさを持つ山の中で、
すっかりベラクルスアメシストに魅了されてしまった。。

 
※ベラクルスアメシストは11月22~24日、
京都のアトリエで行う展示会にてお披露目予定です。
展示会詳細は、また後日お知らせします。

 

R0010163

 

 

 

 

 

 

 

 

No comments yet.

コメントを残す