ここでの1日

ここでの1日は、部屋を出るとすぐに連続する
色んな人との「ブエノス ディアス!」ではじまります。

フルーツ屋台夫婦の間でいつも繰り広げられる
漫談のようなやり取りに巻き込まれながら朝食を取り、

毎日顔を合わせるゴンサロにオパールを見せてもらいながら
色々教わったり、お互いの話をしたりする。

その後他のオパール屋へ顔を出し
知人宅へ研磨をしに行ったり、戻って製作の時間を過ごす。

田舎にあるこの小さな村では
食事をするのも、 洗濯物を出すにしても
「人」との距離が近く、笑顔を見ることができる。

わかり易いことに、気持ちの良い快晴の日には
朝からどこかで、大音響の陽気なバンダやノルテーニョ(北メキシコの音楽)がかかる。

「今日気持ち良いから、かけちゃうよね。」
自分が思うくらいだから、きっと村の人は同じように気分良く
どこかでそれを聞いているはず。

今回もこの村の人達がさらに好きになりました。
そして今回も良いエネルギーをもらいながら、ここでの時間を過ごしています。

ツーソンから発送した新作が日本へ到着しました。

リビアングラスを使ったネックレス。
細かく編み込んでいますが、すっきりとしたデザインです。
 

, , ,

No comments yet.

コメントを残す