秋祭り

 

メキシコ中北部に位置するハリスコ州に、オパールを見に来ています。

今回は自分達のコレクションピースにしたくなるような、
大きめの粒に研磨された、綺麗なカンテラオパールに出会うことができました。

 

無色透明から激変、光の下では遊色をいっぱいに詰め込むオパールや

 

表面だけではなく、横や裏面も賑やかなもの。

 

日陰でも優しい遊色が広がる。

 

濃いファイヤーオパールに、遊色が浮かぶカンテラオパール。

 

鮮やかなオパールの地色に消されることなく、
対照的で涼し気な、グリーンやブルーの光があらわれる。

南国の花のようで、
私が個人的にとても気に入っているオパールです。

 

 
連日オパールにぴったりな陽射しで、気持ちが夏に引き戻されるこの町。

 

到着した日は、1週間ほど続くマグダレナのお祭りの最終日で
今までここで経験したことのないくらいの賑わいぶり。

マグダレナで最大の、年に1度のお祭りで
近くの村からも、多くの人が集まってきているのだそうだ。

豊作を祈る日、健康を祈る日など。。
お祭りの期間中は、1日1日祈願することが変わる。

 

 

小さい中心地に、所狭しと運び込まれたレトロな移動遊園地や
おじさん達が熱くなる特設の闘鶏場。

夜になると町の盛り上がりはさらに強まり、
夜空にはそれを見守る満月がぽっかりと浮かんでいた。

 

 

日本のお月見のように、
季節の変わり目を感じながら、日々の生活を祈るお祭りなんでしょうね。

昨日まではお祭りの余韻が残っていたものの、
今日はすっかり元通りのマグダレナ。

静かな夜を過ごしています。

 

 

 

 

No comments yet.

コメントを残す