チワワ太平洋鉄道

何度か中断しつつ、路線を完成させるまでに90年間を要したチワワ太平洋鉄道。チワワ鉄道2チワワの少し手前のクリールへ向かうために、早朝ロスモチスからチワワ太平洋鉄道に乗車。
チワワ鉄道海から近い始発のロスモチスから、標高約2400mのクリールまでこの鉄道であがっていきます。

初めは枯れ木とサボテンのカラカラの荒野をひたすら走る。
ここではどの植物よりもサボテンが大きく成長している。
サボテン畑
チワワ鉄道7
チワワ鉄道3カラカラかと思えば急に現れる川や湖。
チワワ鉄道9

RIMG0375
少しづつ山間へ入りどんどんあがっていく。
チワワ4
チワワ鉄道6
線路整備山から煙が立っているところがいくつもあった。
日差しが強すぎて、自然発火してしまう事が多々あるそう。
山火事次第に緑も多くなり、気温も少しだけやわらいでくる。
高原地帯に入った。
チワワ鉄道10
チワワ鉄道8クリールへ到着。
ちなみにロスモチスを朝7時に出て、クリール到着は夕方5時。
実際道のりも長いけれど、鉄道の速度もトコトコと遅い。
チワワへ行く前に、ここで2日ほど過ごします。
クリール

,

No comments yet.

コメントを残す