思い出

アメトリンサンタクルス

ボリビアのアメトリン。
マグマの熱で溶かされてできあがった形状は 彫刻のようです。

鉱山のあるボリビア サンタクルスには、第二次世界大戦後の移民計画で
沖縄県出身の人々が移住して作り上げたエリアがあり
日本人のおじいちゃんおばあちゃんが農業をしながら生活していて
小さいながらも雰囲気はまさに日本の田舎そのもの。

サンタクルスへ行った時、そこに住むおじいちゃんの家に迎え入れてもらって
三線を機嫌よく演奏してもらいながら一緒に呑み
普段はそんなこと思うことなくに動いていたのに、
数年ぶりに本当に日本のことを懐しく感じたことを思い出した。

ホテルへ戻って、夕日を浴びたアメトリンがとてもきれいな色を見せてくれました。

ひと足先に手元に集まっていた隕石から少しずつ包んでいます
RIMG5462

RIMG5460

 RIMG5473

RIMG5461

RIMG5466

ホワイトモルダバイト。
RIMG5456
モルダバイトとは別物、アリゾナ モハーベ砂漠でできあがったカルサイトのエレスチャル。
そう呼ばれるだけあって、美しい模様と存在感を持っている。

, , , , ,

No comments yet.

コメントを残す