ヒマラヤ水晶とアンバー

R9382078

R9382126

 

数日雪が続いていたので結構積もりました。

ふかふかのパウダースノーで、反射して青や黄にきらきら光り本当に綺麗。
寒い山間部なので、冬は籠もってものづくりだと先日まで思っていたけれど
雪が降るとソワソワしてきます。

 

R9382299

R9382115

R9382253

 

 

 

R9381906

 

雪ごもりのような時にヒマラヤ水晶をあつかう友人から原石が届きました。
研磨用で原石をお願いしていたもので、到着してすぐに箱を開けて選別。
自宅で、しかも薪ストーブの前でほっこりしながら石選びできる嬉しさと
研磨するのがもったいないような水晶に心が踊りました。

もったいないと思いつつも、シルキーなクローライトや
ファントム、ルチル、ペネトレイタークォーツなどインクルージョンの表情が豊かなので
どの方向でどんな形をとるかイメージするのがとても楽しい。

 

R9382388

R9382392

R9382396

R9382039

R9382355

クローライトとルチルが入ったペネトレイタークォーツのルースができそう!

メキシコのシモホベル鉱山を訪れた時に買付けてきたアンバーの原石からも
磨きたて艶々のものがいくつかできました。

 

R9381788

R9382420

 

本当に曇り1つない艶々アンバー、
硬度が低いぶん、目に見えない細かいキズまで磨ききるのには手間がかかりますが
そこを超えたものの艶感は格別です。
まるで宝石みたい。

これはグリーンアンバーなのですが、
光りの加減によって出る表面のグリーンの膜にも透明感が出たような。

水晶にアンバー、対照的なほどに硬さの違うものがちょうど同時に手元にあらわれたので
質感や温度や感覚、色々な対比を楽しみました。

 

R9381959

仕上がりまでは時間がかかりますが楽しみです◎

 

 

No comments yet.

コメントを残す