目の前のこと

先日の夜中は雨も風も激しすぎて、
空と山が地響き立ててうなっていたので、眠りながらドキドキ。。

 

その嵐の数日前、とても久しぶりに渓谷を歩きました。

去年の夏の間、衝撃を受けっぱなしだった神童子谷は
あちこちから雪解け水が溢れ出して、
太陽が出るたび渓谷内に光が充満していました。

光りにフォーカスして撮ると、うつりこむ姿が多彩でおどろかされる。

 

R9384212

R9384225

R9384226

 

 

普段当たり前のように目で捉えているものの中に、
物質とエネルギーそのもの、エネルギーでも種類が全く違うもの、
言ってみれば次元そのものが異なるものが混在している事に意識を向けて、
それを1つ1つ感じてみるだけでも、自分の内の宇宙が拡がる。

 

R9384223

R9384253

 

私にとっては、鉱物もまさに別の次元を生きる存在◎
あまりに違った尺度を持っていて、
新しい側面から目の前を見ることを度々促してくれる。

そこで感じる氣持ち良さも、こんなに鉱物に惹かれる理由の1つなんだと思う。

 

R9383902

R9384291

R9384288
少し前に研磨したクリソコラ・アゲートとホーンコーラルの化石

やわらかく脆さのあるクリソコラに、有機的な生物のホーンコーラル
どちらもアゲートが浸透したことで、スタビライズドなしでも
こうして磨いてその姿を目にすることができているんですよね。

動物も鉱物に変幻させるアゲート化現象に、
あらためて興味が深まりつつあります◎

 

R9383413

R9384112

R9384113

R9384123

 

 

No comments yet.

コメントを残す