クリソコラ

先日の快晴の日も、あまりに空が素晴らしかったので
昼にひと息ついた合間に夫と外を散歩。

散歩というか家からほんの2,3分歩いたところなのですが
空氣が変わって、空が一氣に近くなるお氣に入りスポットがあります。

 

R9402309

R9402311

R9402317無色透明から飛び出した青い光と

R9402339

R9402345♡が空にぽっかり。

 

その日の午後は、磨かれたばかりのクリソコラを触りました。

R9402369

 

コーティングやスタビライズドの加工を施していない、無垢なクリソコラ。

原石によって非常に脆い、クリソコラのような硬度が低い石には
個人的には、強度を加える加工も大切なプロセスの1つだと考えていますが
できるだけ自然そのままに触れたい思いは常にあって

アリゾナからやってきたこの原石は
浸透したアゲートが天然スタビライズドになってくれて
無垢の姿のまま、破損も比較的少なく仕上げることができました。

ただアゲートとクリソコラ、それぞれ表に出ている箇所によって硬度が異なるので
均整のとれた形に整えるのになかなか苦戦。

 

そうこうしながら出来あがったクリソコラは
外の空とリンクして、眩しいくらいの発色で輝いていました。

 

R9402362

雫、栗、四角に扇
両面カボションでお願いしたものもあり、姿いろいろでかわいらしい。

 

石も空も、あまりの壮大な美しさに圧倒されて
自分との距離を感じることもあったけど

色の本質である光の波長やエネルギーを受け取って
この美しい映像に変換して見せているのは、ほんとうは自分自身

 

視点が少し変わってからは、目の前の絶対的な存在に感動すると同時に
それを映し出す人間の感性というものはまるでギフトのようで
なんて豊かで神秘的なんだろうと、愛おしさを感じて仕方がないのです。

 

R9402302

No comments yet.

コメントを残す